お香について - 香木と香料

お香の原料に使われる代表的な天然香料をご紹介いたします。

  • 伽羅(きゃら)
  • 沈香(じんこう)
  • 白檀(びゃくだん)
  • 没薬(もつやく)
  • 乳香(にゅうこう)
  • 安息香(あんそくこう)
  • 貝香(かいこう)
  • 零陵香(れいりょうこう)
  • 大茴香(だいういきょう)
  • 丁子(ちょうじ)
  • 蕾香(かっこう)
  • 山奈(さんな)
  • 龍脳(りゅうのう)
  • 麝香(じゃこう)
  • 唐木香(からもっこう)
  • 甘松(かんしょう)
  • 桂皮(けいひ)
  • 拝草香(はいそうこう)
お香の原料に使われる代表的な天然香料
伽羅(きゃら)

伽羅(きゃら)

沈香の中で最も品位の高いもので、深く幽玄な香りが特徴です。ベトナムの限られた地域でしか産出されず、近年採取が非常に困難なため、いっそう貴重な香木となっています。
〈ベトナム〉

沈香(じんこう)

沈香(じんこう)

ジンチョウゲ科アキラリヤ属の樹木の樹脂が様々な要因で凝結し、長年の間に熟成された、清く上品な香りの香木です。
〈東南アジア〉

白檀(びゃくだん)

白檀(びゃくだん)

幹の芯材を乾燥させて使用します。特にインドマイソール地方のものは最高品質で、「老山白檀」と称されます。
〈インド・インドネシア・マレーシア〉

没薬(もつやく)

没薬(もつやく)

芳香ゴム樹脂が凝固したもので、古くはミイラの防腐剤でした。カンラン科。
〈南アラブ地方・東アフリカ〉

乳香(にゅうこう)

乳香(にゅうこう)

芳香ゴム樹脂が凝固したもの。キリスト教儀式の薫香としても知られます。カンラン科。
〈アフリカ東北部・アラビア海沿岸部・ソマリア〉

安息香(あんそくこう)

安息香(あんそくこう)

バニラに似た濃厚な香りで、香りの保留効果があります。エゴノキ科。
〈スマトラ〉

貝香(かいこう)

貝香(かいこう)

巻貝のふたの部分にあたり、香りの保留効果があります。
〈南アフリカ〉

零陵香(れいりょうこう)

零陵香(れいりょうこう)

スパイスとして、また種子を薬用としても使用します。サクラソウ科。
〈中国〉

大茴香(だいういきょう)

大茴香(だいういきょう)

中華料理の香辛料「八角」として有名。健胃薬としても用います。モクレン科。
〈中国南部(広西・広東・雲南・福建省)〉

丁子(ちょうじ)

丁子(ちょうじ)

辛く刺激の強い香りがする花蕾。古くはミイラの防腐剤でした。フトモモ科。
〈モルッカ諸島・ザンジバル〉

蕾香(かっこう)

蕾香(かっこう)

パチョリの全草または葉を乾燥したもので、健胃薬としても用います。シソ科。
〈インドネシア〉

山奈(さんな)

山奈(さんな)

バンウコンの根茎を乾燥させたもので、健胃薬としても用います。ショウガ科。
〈中国南部・インド〉

龍脳(りゅうのう)

龍脳(りゅうのう)

貼薬、防虫剤に使われるほか、墨の清々しい香りとしても有名。フタバガキ科。
〈スマトラ・ボルネオ〉

麝香(じゃこう)

麝香(じゃこう)

チベット高原に生息する牡の麝香鹿の香のうより採取します。
〈中国・チベット・ネパール〉

唐木香(からもっこう)

唐木香(からもっこう)

モッコウバラの根です。ウマノスズクサ科。
〈中国・インド北部カシミール地方〉

甘松(かんしょう)

甘松(かんしょう)

古来より胃の痛みに効くと言われています。オミナエシ科。
〈中国・インド〉

桂皮(けいひ)

桂皮(けいひ)

樹皮を乾燥したもので、シナモンの名で親しまれています。クスノキ科。
〈中国南部・ベトナム・スリランカ〉

拝草香(はいそうこう)

拝草香(はいそうこう)

拝草の根を乾燥したものです。
〈中国〉

お香の原料に使われる代表的な天然香料