中川政七商店 大日本市展示会展示会出展します

展示会出展のお知らせ
中川政七商店 大日本市展示会に出展致します。
御取引先様はぜひ、お立ち寄り下さいますようお願い申し上げます。
一般の方は入場ができませんのであしからずご了承ください。
場所
東京都港区南青山5-6-23
スパイラルビル3階 スパイラルホール
日時
8月2日10:00~17:30
8月3日10:00~19:00
8月4日10:00~16:00

今回、5ヶ月ぶりに新作をリリース致します。
京都の四季をコンセプトに、京都の素材と薫玉堂ならではの素材を組み合わせて、他にはない香りを作りました。
待望の新作が何かは、2日のInstagramかFacebookをぜひチェックしてください。

夏休み お線香づくり体験教室開催中です

夏休み真っ盛りとなりました。小学生のお子様の自由研究として、またお盆にご先祖さまへ手向けるのにもぴったりな手作りのお線香体験教室を開催中です。

初日の今日は大勢の小学生の方が参加してくだいました。皆さん思い思いの香りを調香され、世界で1つだけのお線香を制作されました。
明日、7月30日が最終日。午後2時からの部に1名空きがございます。

 

地域ブランド クリエイターズ ファイル vol.2に掲載されました

全国各地の地方には、すばらしい文化や歴史、食材など多くの魅力がありながら、埋もれてしまっているのが現状です。そんな地域を元気にするために、クリエーターが手掛けてきた事例が沢山掲載されています。

その中で薫玉堂が2014年から取り組んできたリブランディング事業が、コンサルの案件とデザインの案件で紹介されました。
中川政七商店の十三代目、水野学氏、各スタッフの皆様との話し合いを重ね、昨年2016年1月にようやくリブランディングデビューを致しました。思い返しますと、デビューまでの準備期間中は、毎月たくさんの宿題を頂き、なんとかこなしながらも薫玉堂の将来を想像しつつ期待と喜びと不安に満ちた期間でした。
デビューして1年半、薫玉堂はようやくよちよちと歩きはじめたばかりです。これからますます、お客さまに薫玉堂ブランドを心に刻み込んでいただるよう、香りの総合ブランドを目指し歩み続けてまいります。今後共よろしくお願いいたします。

p27掲載 中川政七商店 十三代目中川政七氏によるコンサルティング案件
p170,171掲載 クリエイティブディレクター水野学氏によるデザイン案件

 

「さんち~工芸と探訪~」のウェブに掲載されました

7月に入り、京都ではいよいよ祇園祭が始まりました。
八坂さんでは粛々と神事が進められています。
鉾が建つ前のこの時期、鉾町ではお囃子の仕上げのお稽古に余念がありません。
あちらこちらの町家の二階から、それぞれの鉾ならではのお囃子が聞こえてきます。
夕暮れ時となれば、団扇を片手にそぞろ歩きしつつ、二階囃子を軒下で佇んで鑑賞する、京都人の夏の楽しみのひとつです。

さて、そんな夏のご挨拶に贈るものとして「さんち~工芸と探訪~」のサイトで薫玉堂の商品が取り上げられています。
他にも楽しい記事がありますので是非ご覧ください。

文香 朝顔 暑中見舞いの記事
https://sunchi.jp/sunchilist/kyoto/23261

ディフューザー お中元の記事
https://sunchi.jp/sunchilist/narayamatokooriyamaikoma/21288

 

香合 一品物のご紹介

梅雨の晴れ間、あおあおとした木々の葉にたまった雨がぽたぽたと落ちてくることを「青時雨」(あおしぐれ)というそうです。
風に吹かれて、ひんやりした雫が、初夏の暑さに驚きと爽やかさをはこんでくれる瞬間ですね。

さて、薫玉堂の香合のご紹介です。
ひとつめは、べっ甲桜香合 2.2寸切立型 ワンタッチ開閉式。64,800円(税込)
卓越した技術で香合の蓋の側面までをべっ甲で巻き込んでおります。
桜の地色が薄く透け、艶やかなべっ甲らしい特徴ある柄が引き立ちます。

ふたつめは、神代欅香合(沈金仕上げ)2.2寸切立型 ワンタッチ開閉式 41,040円(税込)
神代欅の高貴な木肌に繊細な沈金を施した大変上品な香合です。
沈金とは毛彫にした中に金粉や金箔を埋め込む蒔絵の手法。