ゆったりとした一日のはじまり

お花を飾ってお気入りの線香に火を付ける。連休中のゆったりとした朝の時間を楽しむ。
今日の香りはKITTE丸の内店オープンに会わせて発売した線香を選びました。

線香 丸の内1933
時代の変遷の中で姿を変えながらも、歴史ある建物が立ち並ぶ丸の内。過去と現代が交差する街に、颯爽と吹き抜ける風のような洗練された香り。1,650円税込
https://shop.kungyokudo.co.jp/products/detail.php?product_id=234

 

 

 

 

心を落ち着かせるために

この状況がいつまで続くか考えると、不安になってネガティブな思考になりがちです。心を落ち着かせるために、あなたはどんな方法を取り入れてますか。
いつも決まった一連の動作をする、深呼吸をする、流れる雲を観るがごとく客観的に自分を内観する、といろいろな方法がありますが、香りにも気持ちを落ちつかせる作用があると言われています。
香りは記憶と密接につながっていて、いつも親しんでいる香りを感じると日常に戻れたり、思い出の香りに接すると瞬時にその頃にタイムスリップしてしまったりというのはよく経験することです。
お気に入りの香りをいくつか持って、その香りで自分の機嫌をとる。ポジティブに、気持ちだけでも明るく前向きに過ごしたいですね。
ほっこりと落ち着く香り
「老山白檀」インド産老山白檀の爽やかな甘い香り。夏には涼しさを冬には温かさを感じる最高品質の白檀です。2750円税込
「ロングマッチ」頭薬に硫黄を含んでいないため点火時の刺激臭を抑えます。キャンドルやお香の純粋な香りを楽しむことのできるロングマッチ。1,320円税込

 

 

 

 

今朝の香りは「宇治の抹茶」

花冷えも収まり、今朝は清々しい天候になりそうです。フタバアオイは今年も可愛らしい蕾をつけてくれてます。
不安ばかりの社会情勢ですが、自然はいつも通り芽吹き、蕾をつけ、命を紡いでいます。
そろそろ新茶の季節を迎えます。

今朝の香りは「宇治の抹茶」
茶樹が織りなす縞模様が山の端まで続く。宇治の茶畑の美しさ。先行きの不安に押しつぶされそうな時に一息つける、抹茶の馥郁たる深い香りです。
1,650円税込

 

 

 

干支の匂い袋

今日は立冬。初めて冬の気配が感じられる日です。いつの間にか秋もどんどん深まって、少しづつ冬へと移っていくのですね。
とはいえ、本店前の西本願寺さんの大きな銀杏の紅葉は本当に見事なのですが、まだまだ色づく気配はありません。

さて、来年の干支の匂い袋のご紹介。子年は十二支の1番目に数えられる幸先の良い年と言われています。ねずみは大黒様のお使いで金運に恵まれるといわれ、俵は五穀豊穣を祝うという縁起の良い匂い袋です。お玄関に飾ってほのかな香りで新年をお迎えください。

うつりか干支 「子」 白色とすず色の2色。各3,520円(税込)
本店とKITTE丸の内店でご用意しております。数に限りがございますのでお早めにどうぞ。

明治時代の印香の型

薫玉堂が明治時代に使用していた印香の道具。
印香は型を使って多種多様な印香を一つひとつ手作業で作ります。当時のさまざまなおめでたい柄や季節の草花を象った形が残っています。
香炉の中に炭団を入れて温めた灰の上に印香を載せて香りを楽しむのですが、手間がかかるため近年ではどうしても敬遠されがちになってきました。
明治時代はもっと灰や炭が身近にあったので手軽に楽しむことができたのでしょう。
両面に柄を入れることができるように緻密な細工がされていて、当時の丁寧なものづくりが偲ばれる道具です。