「さんち~工芸と探訪~」のウェブに掲載されました

7月に入り、京都ではいよいよ祇園祭が始まりました。
八坂さんでは粛々と神事が進められています。
鉾が建つ前のこの時期、鉾町ではお囃子の仕上げのお稽古に余念がありません。
あちらこちらの町家の二階から、それぞれの鉾ならではのお囃子が聞こえてきます。
夕暮れ時となれば、団扇を片手にそぞろ歩きしつつ、二階囃子を軒下で佇んで鑑賞する、京都人の夏の楽しみのひとつです。

さて、そんな夏のご挨拶に贈るものとして「さんち~工芸と探訪~」のサイトで薫玉堂の商品が取り上げられています。
他にも楽しい記事がありますので是非ご覧ください。

文香 朝顔 暑中見舞いの記事
https://sunchi.jp/sunchilist/kyoto/23261

ディフューザー お中元の記事
https://sunchi.jp/sunchilist/narayamatokooriyamaikoma/21288

 

香合 一品物のご紹介

梅雨の晴れ間、あおあおとした木々の葉にたまった雨がぽたぽたと落ちてくることを「青時雨」(あおしぐれ)というそうです。
風に吹かれて、ひんやりした雫が、初夏の暑さに驚きと爽やかさをはこんでくれる瞬間ですね。

さて、薫玉堂の香合のご紹介です。
ひとつめは、べっ甲桜香合 2.2寸切立型 ワンタッチ開閉式。64,800円(税込)
卓越した技術で香合の蓋の側面までをべっ甲で巻き込んでおります。
桜の地色が薄く透け、艶やかなべっ甲らしい特徴ある柄が引き立ちます。

ふたつめは、神代欅香合(沈金仕上げ)2.2寸切立型 ワンタッチ開閉式 41,040円(税込)
神代欅の高貴な木肌に繊細な沈金を施した大変上品な香合です。
沈金とは毛彫にした中に金粉や金箔を埋め込む蒔絵の手法。

明日は父の日

いつも家族のために頑張ってくれるお父さんに何を贈ろうか、と考えているうちに明日が父の日となってしまった、という方へ。
例年とは少し違ったギフトを準備されてはいかがでしょう。
薫玉堂では男性に好まれる香りや小物をご用意いたしております。
ご予算に合わせていろいろなギフトの詰め合わせを提案しておりますのでお立ち寄りくださいませ。

なお、誠に申し訳ございませんが明日18日(日曜日)は定休日とさせて頂いております。
本日は5時半までの営業となっておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

展示会出展のお知らせ

6月の東京展示会の出展予定です。
下記展示会へいらっしゃるご予定がございましたら、お立ち寄りくださいませ。
■interiorlifestyle 
TOKYO
日時:6月14日(水)~16日(金)
10:00~18:00(最終日は16:30まで)
場所:東京ビックサイト
西1ホールJAPAN STYLEゾーン 小間番号E77

■BATOMA vol.11 “CHRISTAMAS”
日時:6月21日(水)~23(金)
21日13:00~19:00
22日11:00~19:00
23日11:00~17:00
場所:ラフォーレ 原宿  ※一般の方はご入場できません。

 

雨の日のお香

いよいよ梅雨入りし、本格的な雨が降り続いております。
雨に烟る町並みも風情があるとはいえ、やはりお家にこもってしまう日が多くなりがちです。
気持ちも沈んでしまいがちな梅雨の日を快適に過ごすために、お部屋にお香を焚いてみてはいかがでしょうか。

本来、香りの良さを引き出すためにはある程度の湿気が大切とされています。
香道発祥の地、銀閣寺の弄清亭というお香室の前にも大きな池がありますし、薫玉堂の養老亭という香室の前にも池を作っています。
障子を通して香室に池の湿気を呼び込み、香木の香りを聞くのに適した環境にするためだそうです。

湿気の多い梅雨の季節は、まさに香りを楽しむのにぴったりの季節といえます。
只今、薫玉堂では雨の日のお香を提案しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。