心を落ち着かせるために

この状況がいつまで続くか考えると、不安になってネガティブな思考になりがちです。心を落ち着かせるために、あなたはどんな方法を取り入れてますか。
いつも決まった一連の動作をする、深呼吸をする、流れる雲を観るがごとく客観的に自分を内観する、といろいろな方法がありますが、香りにも気持ちを落ちつかせる作用があると言われています。
香りは記憶と密接につながっていて、いつも親しんでいる香りを感じると日常に戻れたり、思い出の香りに接すると瞬時にその頃にタイムスリップしてしまったりというのはよく経験することです。
お気に入りの香りをいくつか持って、その香りで自分の機嫌をとる。ポジティブに、気持ちだけでも明るく前向きに過ごしたいですね。
ほっこりと落ち着く香り
「老山白檀」インド産老山白檀の爽やかな甘い香り。夏には涼しさを冬には温かさを感じる最高品質の白檀です。2750円税込
「ロングマッチ」頭薬に硫黄を含んでいないため点火時の刺激臭を抑えます。キャンドルやお香の純粋な香りを楽しむことのできるロングマッチ。1,320円税込

 

 

 

 

今朝の香りは「宇治の抹茶」

花冷えも収まり、今朝は清々しい天候になりそうです。フタバアオイは今年も可愛らしい蕾をつけてくれてます。
不安ばかりの社会情勢ですが、自然はいつも通り芽吹き、蕾をつけ、命を紡いでいます。
そろそろ新茶の季節を迎えます。

今朝の香りは「宇治の抹茶」
茶樹が織りなす縞模様が山の端まで続く。宇治の茶畑の美しさ。先行きの不安に押しつぶされそうな時に一息つける、抹茶の馥郁たる深い香りです。
1,650円税込

 

 

 

マガジンハウス「anan」に掲載されました

外へ出られず、なんとなく体調が優れない方に、必見の特集が組まれているananの№2193号です。
そんななかで心をそっと和らげる、気遣いを感じるアイテムとして薫玉堂の文香を紹介していただきました。

お家にいる時間が増えて余裕がある今こそ、普段ご無沙汰しているあの方へお手紙をしたためてはいかがでしょうか。
封筒の中に文香を入れて、想いとともに香りを届けませんか。
封を切ると、ほのかな香りが漂よいお相手の心を和ませる。こんな状況だからこそ優しい気遣いが喜ばれます。

 

 

 

4月18日 お香の日

日本書紀によると「595年の4月、淡路島に沈香が漂着した」との記述があります。

このエピソードが日本書紀のお香に関する日本最古の記述です。

沈水香木の伝来した4月と、「香」の字を分解した「一十八日」をあわせて4月18日を、全国薫物線香工業会が「お香の日」に制定しました。

現在、外出を控えておられる多くの方が、お部屋で焚かれるお香の香りで、少しでも心を癒されることを願います。

新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言に伴い、東京KITTE丸の内店を臨時休業いたします

お客様各位
平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府からの緊急事態宣言の発令を受け、KITTE丸の内が臨時休館となります。
それに伴いまして、薫玉堂KITTE丸の内店も下記の通り、臨時休業とさせて頂きます。
お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
尚、京都本店は通常通り営業致しております。

 期間:4月8日(水)~当面の間
(緊急事態宣言が解除されるまでを予定)